<   2006年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧

古八幡 という新顔さん 焼酎編 続き


「古八幡」の裏ラベルです。f0029037_13355628.jpg
[PR]
by tkodawariya | 2006-02-26 13:36 | 買った焼酎

古八幡という 新顔さん 焼酎編

時間をみつけて時々行く酒販店さん行って来ました。
「古八幡」の1本釣り。
購入を宣言したみたいな形になったので、酒販店さんまでの道中なぜか
緊張してしまいました。
超入手困難?とのことなので、少しプレッシャーが・・・・。
とにかく在庫があってよかったです。
入荷数が少ないため、酒販店さんも取扱いに困る銘柄かもしれませんね。
あの店に分けたのに、こちらには分けてくれない・・・ぷんぷん、となりかねません。
こういう理由で、入手数の少ない銘柄を取扱わない酒販店さんもありますよね。
かえって一般客のほうが購入しやすかったりして。
でも、本当にラッキーでした。
さすがに何本在庫があるというところまでは、教えてくれませんでした。
値段は、2,310円(税込み)でした。
また、いつ蔵出ししたものかも教えてくれませんでした。f0029037_13184793.jpg(そこまで管理していない
のかも?)
飲み仲間の皆様、こちらは父親の胃袋に直行予定です。<「八幡」飲ましたのが
まずかったみたいです。
「八幡」がおいしかったので、
「古八幡」も飲む!!!と言い出しました。
またの機会にね>
[PR]
by tkodawariya | 2006-02-26 13:19 | 買った焼酎

酒販店さん巡り 休止中

明日は酒販店さん巡りを午前中予定していましたが、商品納入の打ち合わせが入り行けなくなりました。残念
午後は、25年ぶりに旧友と再会予定なので身動きとれません。(当然飲み会)

行きたい酒販店さん、買いたい銘柄があるのですが、ちょっと我慢です。

今買いたい銘柄:
「古八幡」 ブログで皆さんがほしがっているから・・・真似しいですね。
「たまがっど」「がらるっど」・・・「たまがっど」はあるお店の店頭にありますが、
           「がらるっど」 がない。九州のPBだからしかたないかな?
でも、いろいろ購入してきたから有名どころはほぼおさえたような。
あと飲み仲間から「女王蜂」「蝙蝠」を頼まれている。
[PR]
by tkodawariya | 2006-02-24 23:45

昨日の新顔さん 焼酎編

いつもの酒販店さんで購入。
店頭に前からあって限定品ですよ、と何回も言われていた銘柄。
先日購入した焼酎本(雑誌)に、幻の麦焼酎と紹介されていましたので、f0029037_13265671.jpg在庫がなくなる
といやなので購入しました。
芋焼酎で有名な白石さんが、1998年に製造し貯蔵していた麦焼酎。
2,000本しか製造していないし、名前もない限定品。
ラベルも裏ラベルしかありません。
こだわりの白石さんのものですから、期待大です。
紹介されなかったら、あわてて購入する事もなかったんですが・・・・。
写真の状態でこの焼酎とわかられる方は相当の焼酎通ですね。と購入した
酒販店さん。
[PR]
by tkodawariya | 2006-02-19 13:27 | 買った焼酎

インパクト系麦焼酎 飲み比べ

インパクト系の麦焼酎を飲み比べして、個人的好みを確認したく思います。
もうそろそろ、銘柄をしぼって飲む時期に入ってきたと思いますので・・・・。
色々と飲みすぎですから。
でも、銘柄を絞るのは、性格的に無理かな?
同時に、出来るだけ同じ条件で飲み比べすれば自分の好みがはっきりしますよね。
銘柄のその年の出来にもよりますが・・・余り細かい事をいうときりがありません。
いろいろなパターンで飲み比べすれば、楽しいですよ。f0029037_1263583.jpg
[PR]
by tkodawariya | 2006-02-19 12:08 | 今週飲んだ焼酎

舞香 インパクト系? 焼酎編

インパクト系に分類するのは?ですが、香がはっきりしているということで。
<細かいことは、まあいっか、まあいか、まいか>

紙箱から:
大分県南部、人口わずか二千人程の小さな村「千歳村」に、当蔵は位置します。
創業昭和四年以来、手造り焼酎一筋で、社長が杜氏で家族で造る田舎の小さな蔵元。
その造りは、いまなお 昔ながらの木桶で原料を蒸し、むろ蓋を使った丹念な麹造りで
仕込がなされています。
時代遅れかもしれませんが、この蔵、この土地、この伝統を生かした地焼酎造りに、
あくまでこだわり続けるためです。
この1本に小さな蔵のこだわりと情熱を注ぎます。
                               蔵主

手造りによる、麦焼酎本来の香り
 まさに香りの舞うが如く「舞香」と命名
                          井田萬力屋
             手造り焼酎一筋
                         藤居醸造合資会社f0029037_11541681.jpg
[PR]
by tkodawariya | 2006-02-19 11:55

インパクト系? 焼酎編

杜の蔵さんの麦焼酎「歌垣」です。
ラベルより:
古の人々は豊作を祈り、大地の惠である酒を同じ甕から分かち合い、歌い踊り、
歌垣(宴)を楽しんだという。

あっさりした麦も好きですが、こういうこか(濃い)のも好みです。
麦も侮れませんな。
しかし、たくさんおいしい銘柄があり<こまっちゃうな~>です。f0029037_22747.jpg
[PR]
by tkodawariya | 2006-02-18 22:07

黒さそり 焼酎編

インパクト系麦焼酎を飲み比べしようと考えて、ストック品をごそごそと。
さつま無双さんの「黒さそり」は何回も飲んでいるのですが、裏ラベルを
まじまじとみたことはありませんでした。
ブログ効果?か。

麦酎でも がつんとひびきます。
世に麦焼酎の分際で黒麹で仕込む
馬鹿者があるという。 黒さそり、こいつか。
なになに、昔ながらの常圧蒸留 なまいきな。
よく聞くと、長い間熟成させたらしいではないか。
ますますもってこしゃくな。
ちょっと飲んでみよう。 う~ん、麦の風味をしっかり感じさせ個性的味わい。
それでいてまろやかで後ひく味わいではないか。
う~ん、これではわれわれの立つせがないではないか。
いやあ~まいった。
             芋焼酎一同より

この焼酎が発売された頃は、黒麹ものの麦焼酎は少なかったと思います。
確かに がつんときました。
f0029037_20451633.jpg思い出の1本。
[PR]
by tkodawariya | 2006-02-18 20:45

この前の酒販店さん?へ 焼酎編

先日、「三岳」を1,680円(税込み)で購入した酒販店さんへ。(実はDS)
今日は購入するつもりはなく、様子見ですが・・・。
島美人が1,590円(税込み)。
店主さんと少しお話しましたが、ブローカーから仕入れるもの意外は定価より安く
販売をしていますとのこと。
DSですもん、と。
[PR]
by tkodawariya | 2006-02-18 20:09

何年かぶりの酒販店さん 焼酎編

日本酒にハマっていた時に行ったことがある酒販店さんへ。
最近、お気に入りの銘柄を店頭に置いているとの情報がありのぞいてみました。
前と様変わりで、棚の9割が焼酎に。
家から近いのに知りませんでした。
さつま無双さんの大阪では見かけない銘柄などがありました。他が扱っていない銘柄を
仕入れするよう心掛けているとのこと。それと見かけない原酒ものも。
いい日本酒を扱える酒販店さんは、やっぱり地力がありますね。
大阪ではほとんど置いていない、お気に入りの銘柄を置いている酒販店さんを
確認できて満足です。
今日は購入しませんでしたが、店の方が、在庫を確認してから来店してくださいねって
うれしいお言葉を。
今度はたくさん買いますね。
[PR]
by tkodawariya | 2006-02-18 19:57