127店目となる酒販店さんで 若潮原酒

f0029037_714753.jpg
f0029037_721863.jpg


昨日少し前から気になっていたお店にお邪魔してきました。

たまに通る道から一筋入った細い道沿いにある。

ある銘柄の取扱い店のリストに載っていたので前から気にはなっていました。

いい清酒を扱われていて焼酎も扱われているのがわかっている酒販店さんを

先に廻っているので後回しになっていたのですが、ついでに立ち寄れる場所に

あるのだからもっと早くお邪魔すればよかったと思ってしまう。

仕事の時もそうですが、あの時ついでにやっていれば・・・・ということがよくあります。

酒販店さんを廻り始めた頃は、地図に酒販店さんの位置を記入し漏れがないように

して行きたいお店の周りのお店もチェックするようにしていたのですが最近は記憶だより。

後で住所をみてあの店の近くだった、ついでに寄れた~。となります。

何事も段取りが大事です。

ところでこちらのお店は店構えなどは酒屋さん系でしたが店主さんが熱心で購入店歴に

加えました。

店主さんのオススメは大黒。「関西で扱い店は少ないですよ」と。

棚に購入してもいい未購入の銘柄があり後日購入することに。

あるこだわりの酒販店のご店主さんが、お酒の飲み方まで提案してくれる店がいい店

だと言われていましたが知っているでしょうけどと渡されました。

f0029037_73733.jpg


ラミネートまでして手間もかけられてます。


さつま若潮の原酒で37° 値段は1,400円也。

25°との価格差約500円なので価格設定ほぼ納得。


メーカー的発想だと37°ではなく25°で売った場合に儲かっただろう分を上乗せ

つまり機会喪失分を上乗せか?

消費者の立場なら37°-25°のアルコール分の価格差なら納得。

原酒系はよ~く計算して購入しよっと(笑)
[PR]
by tkodawariya | 2008-04-13 07:14 | 買った焼酎
<< 128店目だけど128店目でな... 麦焼酎 いらっしゃい 藤居酒造さん >>