庄三郎黒のはずが、天の狼  開封

家にたどり着くまでは、庄三郎の黒を開封しようと思っていたのですが天の狼も

味見しておかないといけないので本日開封しました。

最近飲む量を抑えているので同時開封はしない事にしています。

開封した銘柄を完飲したら次の銘柄を開封するように。


飲む量を抑えているからと言っても口に合う銘柄は早く完飲してしまい

(つまりの飲みすぎ)口に合わないものは決めている量だけ飲む。

口に合わないほうが体にはいいかもしれないが、精神衛生上良くない。

量が飲めなくなると益々こだわりが強くなります。

口に合う銘柄を飲むぞって(笑)


庄三郎は、先日見つけた酒販店さんで購入しました。

魔王の抽選販売をされていますが、店主さんに訊くと毎月抽選を行っているとの事。

1,000円購入で1口応募出来る。

店主さんが応募されますかと訊かれたので「魔王を売られているお店で何ですけど、

そこまでして飲みたいと思いません。苦労しなくても同等程度の酒質のものや、

それ以上のものが買えるでしょう」と返事。

店主さんは「そらそうだ(笑)」

こちらの酒販店さんは焼酎も私のお気に入りの銘柄を置かれているし、清酒もいい銘柄

ばかり置かれているので私もそう言う事が言えるのです。

ところで天の狼は適量を飲むこととなりました。

本日はロック氷がなかったためで明日はたくさん飲む事になるはずです。

口に合わないと困るんだな~。

完飲に時間がかかり、新規開封が出来ないんだから~。

f0029037_5492919.jpg



アルコール摂取量 20gを守ろうとするとホント僅かな量しか飲めません。
[PR]
by tkodawariya | 2008-02-29 20:56 | 買った焼酎
<< 天の狼のはずがヤエガキさんの麦... 陶眠中々 長期熟成ものではありません >>