山の中の94店目の酒販店さんで  やはり・・・

気になっていた酒販店さんにお邪魔してきました。

山の中にある酒販店さん。 

主人にお会いしてその理由がわかったような気がします。

水にこだわる、空気にこだわる・・・田舎しか無理です(笑)

入り口で靴を脱ぐ必要があるお店で、店内の大きな木のテーブルがあり

ご主人とお話しながら購入することができる。

店に入り挨拶すると、お茶を出していただきました。

ご主人から「焼酎はどのようにして飲まれていますか」と質問をうける。

お客さんのレベルを量られているようです。

「逆にお客さんは、酒屋さんに行ったらどのようにして飲んだらいいかお店の人に

訊いてください」とも言われていました。

「お店のレベルがわかります」と。


扱われている銘柄は、造りを自分の眼で確かめ納得した蔵のものしか扱われないとの

ことで白玉さん、森伊蔵さん、大和櫻さん、落合さん、白金さんなど。

麦も久保さん(青一髪)などこだわりの蔵ばかり。

日本酒もこだわった造りの蔵のものばかりですので大変参考になりました。

又お邪魔してもいい酒販店さん入り。

追記)皆さんが気になる・・・。
「森伊蔵」のある件について質問しいろいろお話しする事が出来ました。

先日も行かれていたらしい。

ちなみに私が買える可能性は???

いきなり訊きにくいことを訊けるのは日頃の精進の賜物です(笑)
[PR]
by tkodawariya | 2007-05-19 17:35 | 買った焼酎
<< 篠峯 凛凛(しのみね りんりん... 仙洞 の箱書きと裏ラベル  お... >>