御神火天上と松露うすにごり 同級生のお店で

昨日は中学生時代の同級生が三宮でやっているお店でプチ同窓会。

前回は「麦焼酎 陶山」が手土産でしたが、今回は谷口さんの「麦焼酎 御神火 天上」

「松露 うすにごり」。

松露うすにごりは皆さんよくご存知のお店で購入し(さつま寿の季節ものを買われる店)

JRで三宮へ。

昼間から焼酎を大事に抱えてにやけて電車に乗っている、アル中おじさんの図でした。

プチ同窓会は、1時からのスタート。

この店は通常5時半頃からの開店ですが、通常の営業の邪魔にならないように

お店が開く前にお開きにしようと早めのスタートです。

でも毎回お客さんが入りだしていよいよ席がなくなった時にお開きとなります。

昨日も6時半までで結局5時間半の飲み会となってしまいました。

私は、5時くらいにはお開きにして家で夕ご飯を食べる予定にしてましたので

夕方嫁に少し遅くなるとメールすると昼間からお酒飲んでたのって顰蹙メール(笑)


このお店はお酒ににこだわりはないので飲みたい銘柄がないと困るのでいつも持ち込み

です。焼酎は当然無償提供です。

自分の飲みたい銘柄が飲めれば最高ですし、同級生がおいしく飲んでくれればそれでいい。f0029037_11325675.jpg

天上は、一人の言葉を借りると「まったりしておいしい」と好評でした。

うすにごりは当然ですよね。

会議があリ少し遅れてきた友人は、麦焼酎「綾セレクション 38°」を持ち込み

おいしいだろうと皆に勧めていましたが、天上とうすにごりを少し飲んで

おとなしくなっておりました。

ごめんね(笑)

この友人は阪神大震災の時、宮水をタンクローリーで運び勤めている病院を

いち早く復旧させて多くの病人、けが人を助けて有名になった気のいいやつです。f0029037_11531927.jpg
[PR]
by tkodawariya | 2007-04-29 11:33 | 今週飲んだ焼酎
<< 焼酎Bar 神蔵  神戸・三宮   とっぱい壺  うますぎ~ らし... >>