なじみ?のお店で 店飲み  焼酎編

馴染みの料理屋さんが閉店し、串かつ、おでんなどのお店に。
違う馴染みのお店のママさんが経営者に。

当然の如く、持込OK(笑)

11月1日OPENで初日はバタバタしていると思い昨晩お邪魔してみました。
酒屋さんから仕入れる定番銘柄の焼酎は芋は「さつま司」、麦は「一番札」など
メーカー系銘柄。 定番はこんなものか。

流石に一杯目は「さつま司」をオーダー。
でも二杯目はたまらず持ち込みの「撫磨杜」を開封しお湯割り。

常連さんが麦焼酎をオーダーされたので、勝手に「中々」がいいですよと
薦め、奥にしまっていたものを出して開封してもらう。いいんかいな?

「撫磨杜」を飲んでいるとしあわせそうに飲まれますねってお店の人。
好みの銘柄を飲めれば、しあわせだよ~。
自分の飲みたい銘柄をお店に置いてもらい飲む。
酒飲みにとってこんな素晴らしいことはございません。

キープしているわけではないので、なくなってしまうことがあるのが難点ですが・・・。
[PR]
by tkodawariya | 2006-11-03 09:43 | 今週飲んだ焼酎
<< 古陶里 家飲み  焼酎編 68店目の酒販店さんで 新顔さ... >>